人気ブログランキング |

藍のこと 2016

冬本番ですねー
奈良もキーンとさむいです
さて 今回はrukkiの藍のおはなしです
新しい甕に初めて藍を仕込んだのは4月のこと
まださむかったけれど 春を待っての「待ちに待った仕込み」でした

甕に大切な大切な蒅(すくも)を入れ 灰汁 日本酒 小麦ふすまなどを段階的に加えながら仕込みます
ハコモトでは色が出なかったことはなく きちんと建ってくれていたのですが rukkiの藍ちゃんは少しお仕事しただけて眠ってしまいました(笑)

いちおう何年か藍とはお付き合いしてきたので
なぜこうなったのか…
なにをしてあげればよいのか…
わかってはいるのですが…
いろいろしてみても起きない(笑)
温度管理 アルカリ度の調整…
声をかけ 念じる…(笑)
そんなこんなで毎日顔をつきあわせながらの日々でした
ホームスパン仕事を進めつつ 気が気でない日々…

藍ちゃん
死んではいないのです
生きてるけど寝てる(笑)

で 秋…
藍師さんに電話をかけたときに「どないやー?」と聞いてくださって カクカクシカジカとお話したところ
「藍とりにくるかー?」と
聞けば はじめての甕で藍を建てる人には建っている藍の液(つまり藍の液のなかの菌)をわけてさしあげることが多いとか。。
で 行ってきました!
それがこちらの記事
「藍師さんを訪ねて」

そしてそして
すぐっ!というわけにはいきませんでしたが 起きました!(この間も気が気でなかった^^;)
a0168068_12582054.jpg

もう…泣けました!
心晴れ晴れ!

ハコモトでは「藍が建たない」という経験がなく…。
「新しい甕は難しい」とはわかっていながらも ここまで苦労するとは思わず…
ハコモトの甕は 私がお仕事させてもらうころには何年も使ってて
その甕に住んでる藍の菌さんにとても助けてもらってたのですねー♪

すんなりとはいかないスタートでしたが 藍と向き合い たくさん会話した日々でした
これはこれで とても糧になってくれたと思います
そして
「天然灰汁発酵建ての藍はほんとにおもしろい!」と実感しました^ - ^
とにかく藍師さんが 苦労してつくってくださった蒅から無事に色を出すことができてホッ。。

a0168068_12582058.jpg

とてもいい色だしてくれてますよー!
毎日 ゴキゲンをうかがいながら 一緒に染めをたのしんでいますっ
藍さんがゴキゲンだと わたしもゴキゲン
そして染めにいくとキラキラしてくれます
生きてる!
rukkiの甕にも 元気な藍の菌がたくさん住んでくれるように頑張りますっ

by chaichaichai3 | 2017-01-16 18:42 | | Comments(0)